行為規制


広告、勧誘、取立て規制、の強化へ自主規制規則策定と言うことで、まず、広告に関しては、TVCMを含む広告の内容や方法、頻度について、協会が自主規制規則を策定することになり、下記の様な事の表示を義務ずけることが必須になった。
驪適切なカウンセリング機関
麗警告文言の表示
また、貸金業者の広告については、自前に協会が審査することがルール化する。
また、取立てに関しては、以下の禁止される行為類型として、以下の4つを追加された。
驪債務者が弁済期日を申し出ている場合に、正当な理由なく日中に電話や訪問をすること。
麗債務者が居宅や勤務先から退去するように意思表示したのに、退去しないこと。
黎一度拒否した第三者に取立てを協力することを要求すること。
力禁止行為のいづれかを行うことを告げること。


TOP