上限金利


金利体系の適正化と言う事で下のような法律ができた。
驪貸金業法上の、みなし弁済制度(グレーゾーン金利)を廃止
麗出資法の上限金利を20%に引き下げる。
施行後これを越える金利で契約をした場合、刑罰の対象となります。
黎利息制限法の上限金利は、貸付元本額が50万円未満は20%、50万円以上500万円未満は18%、500万円以上は15%とする。
この様に変化します。
公布から上限金利の引き下げまでの”体制準備期間”は”概ね3年を目途”とすることになっている。体制準備期間は、貸し手がビジネスモデルを変えるためにシステムを改編したり、すでに債務を抱えている借り手が追加供給が行われなくなることに対応したりする為の猶予期間と言える。
貸金業者も金利の引き下げでゴタゴタするだろう。


TOP