過剰貸付規制


貸金業法改正の概要の中に、過剰貸付の抑制がある。返済能力の調査を義務づけ、それを怠った場合は行政処分の対象となる。調査を義務づけることで、要件を明確化し、違反行為は行政罰の対象とすることで、法の実効性を高めることになる。貸金業者には、信用情報の管理や全件登録などの条件を満たす信用情報機関を導入し、指定信用情報機関の利用を義務づけることとなった。資金業者が借りての借入残高を把握できる仕組みを整備することとなりました。その情報センターのおかげで、今後多重債務者を減らす目的もあるようだ。


TOP