貸金業法改正案内


過剰貸付規制
上限金利
行為規制
他情報


平成18年12月13日に”貸金業の規制等に関する法律等の一部改正の法律”が成立した。(以下、改正法と言う。)改正法は全体で8条あるが、1条から4条までが貸金業の規制等に関する法律を段階的に改正している。改正法第1条と2条が貸金業に規制等に関する法律の一部改正であり、3条と4条が貸金業法の一部改正である。4段階に分けて順次施行されることが大きな特徴である。
今回のテーマはそんな改正法の実態と、今後の問題について考えていきたいと思う。
一部ではありますが、参考にしてみてください。